締切迫る!

みなさま、こんにちは。 前回ご案内した詰将棋会合ですが、申し込みの期限まであと1週間となりました。9/29(日)午後に東京・上野周辺で開催です。 宮田敦史先生が参加されます。解図スピードの速さも実感できると思いますし、自作を持ってくれば解いてもらうこともできます。最近は創作もされているので、創作ノートなども見せてもらえるかも!?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青い鳥オフ会開催!

青い鳥の編集長や発行人が集うオフ会を9/29(日)13:00~17:00に開催いたします。関東在住の作者の他、一族メンバーも参加予定です。また一族メンバーに限定せずに、みんなが楽しめる詰将棋会合です。※既にプロ棋士一人と、 看寿賞作家3名の参加が決まっています。 場所は上野近辺です(未定、決まり次第通知)。参加条件は詰将棋が好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詰将棋本

みなさま、こんにちは。 暑い夏が続きますね。地域によっては台風や地震が…気を付けてお過ごしください。 さて、この夏は詰将棋関係の出版ラッシュでしたね。 まだ8月に数冊出ますよ。整理しておきます。詰将棋の本は出たときに買わないとすぐに在庫切れになったりして後から買えなくなることが多いです。浦野先生のハンドブックシリーズは増刷の連続で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青い鳥の販売について

みなさま、お久しぶりです。 青い鳥、おかげさまで好評です。有難うございます。 販売方法に関して整理しておきます。 現在、直接ご購入いただけるところは下記です。・東京将棋会館販売部・関西将棋会館販売部・蒲田将棋クラブ・御徒町将棋センター・アカシヤ書店 いずれも10~20冊を納品しておりますが、売り切れたら終了です。今のところ増刷は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青い鳥の販売について

みなさま、こんにちは。 本当は詰将棋全国大会の振り返りを書きたかったのですが、それより先に、お問い合わせが殺到していると噂の詰将棋作品集「青い鳥」について、現時点(7/19 14時)で分かっている購入方法を書いておきます。 既に、150冊以上売れました。まだありますので、慌てないでください(笑) (1) 関西将棋会館   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青い鳥完成!

みなさま、こんにちは。 以前よりご案内しておりました詰将棋作品集「青い鳥」が納品されてきました。なんとか全国大会に間に合いました。 写真をつけておきます。裏表紙の写真は、一族を統括するkisy氏が描いたものです。 既にお振込みいただいている方には、今朝投函しましたので、楽しみに待っていてください。 本のサイズは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青い鳥の販売について

みなさま、こんにちは。 数件お問合せをいただいておりますので、ご案内です。 お待たせしている「青い鳥 ~kisy一族作品集~」ですが、間もなく入荷となります。 定価は、税込みで1,300円です。送料は国内であれば、180円を予定しておりますが、複数冊お買い上げの場合は異なることがございます。詳しいことはまたご案内いたします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詰将棋作品集「青い鳥」発売について

こんにちは、竹中健一です。 先般、発売延期をアナウンスしたばかりの詰将棋作品集ですが、どうやら当初予定通りの日程で販売開始できそうです。 購入方法は前回と少し異なります。必ず最後まで読んでください! 現在のところ、下記での販売を計画して準備中です。 (1) 看寿賞作家の若島さんによる詰将棋講座 (7/13@都内)  → …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詰将棋作品集「青い鳥」発売延期について

みなさま 今日はみなさまにお詫びをしなくてはなりません。 何度かご案内させていただいておりました 詰将棋作品集「青い鳥 ~kisy一族作品集~」は、 7月14日に大阪で開催される詰将棋全国大会での発売開始を目指しておりましたが、 諸般の事情により、編集作業が遅延しておりまして、 予定通りの出版ができなくなりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詰将棋の書籍

最近は何かと詰将棋関連の作業が多いですが、 この夏に向けていろいろといい本がでますね。 ・盤上のフロンティア  看寿賞を何度も受賞されている若島正さんの新しい詰将棋作品集。  これは絶対にお勧め!  既にアマゾンでも予約できるようですよ。  6月下旬発売みたいです。 ・解答選手権2019   毎年恒例なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各賞について

毎年詰パラの6月号は門脇賞と七條賞の発表があり、 7月号には看寿賞の発表があります。 門脇賞は、浦野八段が受賞。 ハンドブックシリーズをはじめとして、 長年に亘り、詰将棋に関しても様々な活動をされてきたことが 今回の受賞につながったようです。 私は浦野先生にもハンドブックシリーズにもお世話になっています。 先生、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詰将棋作品集

ご無沙汰しております。 解答選手権が終わるとブログはのんびりしてしまいがちですが、 今回はお知らせを一つ。 ツイッターで詰将棋を作る集団、「kisy一族」が 詰将棋作品集を発行いたします。 作品集のタイトルは、青い鳥 ~kisy一族作品集~ です。 ツイッターのマークが青い鳥なので、こんな名前になりました。 覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解答選手権チャンピオン戦 惨敗記(9)

解答選手権惨敗記の続きです。 ※文中に手順がでますので、ネタバレ注意です。 10問をチラ見しただけで9問に戻ってきました。 まだ時間に余裕はあるのですが、途中で行き詰まり。 どこまで合っているのか全く分からなくなり、最初から読み直し。 しかし、やはり32の地点でばらすところまでは合っている気がする。 そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解答選手権チャンピオン戦 惨敗記(8)

解答選手権惨敗記の続きです。 ※文中に手順がでますので、ネタバレ注意です。 9問目、初手は33香か51竜。 どちらかでちょっと迷う。 しかし、33香は21玉とされ、51竜、12玉で玉と竜が遠い。 これは手が続かないので、初手は51竜に絞る。 32玉の変化はすぐに詰むので、41合駒(飛角金桂以外)。 次は33香しかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解答選手権チャンピオン戦 惨敗記(7)

解答選手権惨敗記の続きです。 ※文中に手順がでますので、ネタバレ注意です。 午後の部がスタート。 問題をさらっと見る。 あれっ、構想作っぽいのがないな。 頑張れば解けるかも。 時間勝負かもしれないな。 これが後半の5作品を見たときの第一印象。 実際にはそんなに甘くはなかったのだが… 第6問に取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解答選手権チャンピオン戦 惨敗記(6)

解答選手権惨敗記の続きです。 ※文中に手順がでますので、ネタバレ注意です。 前半が終わって、お昼休み。 体調も少し戻ってきたので、一人で外に出てみた。 詰工房で最近よく来る大井町だけど、食べるところは殆ど知らない。 事前に調べておけば良いのだけど、 競技の最中でもあるので、ゆっくり食べる心境でもない。 とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解答選手権チャンピオン戦 惨敗記(5)

解答選手権惨敗記の続きです。 ※文中に手順がでますので、ネタバレ注意です。 前半4問解き終わって、「残り30分です!」。。。 きっと不利合駒だとにらんだ作品の解図。 じっと盤面を眺める。 玉方の合駒を確認するのが最初の作業。 歩が利く筋もメモしておく。 29馬と王手したときに不利合駒が出て、 74…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解答選手権チャンピオン戦 惨敗記(4)

解答選手権惨敗記の続きです。 ※文中に手順がでますので、ネタバレ注意です。 前半3問解き終わって、22分。 ここからの30分程度が勝負どころ。 4番と5番、いずれも解答の枠が39まである。 ただし、手数順。 5番は筋に入れば構想は分かっている(つもり)。 しかし、取り敢えず4番から解くよね… とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解答選手権チャンピオン戦 惨敗記(3)

解答選手権惨敗記の続きです。 ※文中に手順がでますので、ネタバレ注意です。 前半の2問目まではまぁ順調に解けた。 3問目も難しそうには見えない。 というか、4・5問目を見るよりは、こっちが先だよね、 という図面に見える。 まず香を複数持っている場合は、連打することがあるので、 最初にどこに打つかが大事。 玉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解答選手権チャンピオン戦 惨敗記(2)

解答選手権惨敗記の続きです。 ※文中に手順がでますので、ネタバレ注意です。 今回、練習不足と直前の体調不良があったため、 目標を低めにしておいた。 昨年も冴えない成績で70点しか取れていなかったので、 今年はそれを1点でも越えよう、という感じだった。 ただ、負けたくない人もいたので、そこは別の目標としていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more