詰将棋の書籍

最近は何かと詰将棋関連の作業が多いですが、
この夏に向けていろいろといい本がでますね。


・盤上のフロンティア
 看寿賞を何度も受賞されている若島正さんの新しい詰将棋作品集。
 これは絶対にお勧め!
 既にアマゾンでも予約できるようですよ。
 6月下旬発売みたいです。


・解答選手権2019 
 毎年恒例なのでおそらく出ます。
 藤井七段5連覇の号ですから人気がでると思います。
 毎年7月頃だったかなぁ。
 これもお勧めです。
 社団戦とかで買えるかも。


・青い鳥 ~kisy一族作品集~
 これは一押し!
 私の作品も載っているけど、
 高校生や若手看寿賞作家の作品とか盛りだくさん。
 創作経緯とかも書いてあったり、とにかく面白い構成!
 これは見逃せないです。
 送料別で税込1,300円と手頃ですし!
 創作してみたい方にも解図専門の方にもお勧めします!


・この詰将棋がすごい (通称「この詰」)
 2010年、2012年、2015年と発行され、今年4年ぶりに発行される。
 私は編集手伝い(チェック等)に携わったので、内容を見ていますが、
 これはすごい!
 300ページにもわたり、字のサイズも大きくなったらしい。
 筆者が凄いメンバーだし、とにかくお勧め。
 ボリュームがある分、価格も少し高いけど、
 すぐに売り切れちゃうので、お早めに購入を!
 発行は7月の全国大会の頃かな。
 なお、バックナンバーも一部だけあるようです。


・limit7
 これは使用駒7枚以内という解きやすい作品を集めた作品集。
 これも非常に楽しみな一冊。
 看寿賞作家の選者がどのような作品を選んだのか、興味ありますね!
 使用駒が少ないということは覚えやすいので、
 頭の中で解くのに良い練習にもなります!

・詰将棋ファン
 詰パラの元編集長が創刊した詰将棋の同人誌第二号です。
 私も記事を書いています。
 なんだっけな、解答王の作り方だったかな。。。
 まぁとにかくお勧めなので、是非買ってください!
 8月発行予定と聞いています。


・暁将棋部屋第四号
 こちらは既に発行されています。
 プロ棋士(阪口六段)、女流棋士(武富女流)へのインタビューもあり。
 今回は沖元二さん(元アマ名人)のインタビューもあるようです。
 1作だけ私の作品も載っていますが、それより特集もすごい。
 これもお勧めです。


他にもあるかもしれないけど、
とにかくお勧めの本が多いんです。
それでも、みんなは青い鳥から買ってくれるよね!
お願いしますよ~ (私には印税は入りませんけどねw)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック