解答選手権チャンピオン戦 惨敗記(5)

解答選手権惨敗記の続きです。
※文中に手順がでますので、ネタバレ注意です。



前半4問解き終わって、「残り30分です!」。。。


きっと不利合駒だとにらんだ作品の解図。
じっと盤面を眺める。
玉方の合駒を確認するのが最初の作業。
歩が利く筋もメモしておく。

29馬と王手したときに不利合駒が出て、
74玉のときに打歩になるのだろうと見当をつける。
そう考えると、初手は14竜だと74玉行けないから、この手はなさそう。
※実はこの手が正解だったのだが…


いきなり初手に迷った…
竜を動かす手、金を動かす手…
竜を動かすと言っても、14竜じゃなくて58竜で考えてる。
どうも44玉が詰まないようだが、金を捨てて手が続くので捨てきれない。
初手から45金、55金も全部考えた。
どうもうまく打歩打開の形にならない…

戻って、14竜を考える。合駒は取ってから金を捨てれば詰むのは分かる。
65玉の一手だ。29馬では38歩で詰まない。
先に55金も同香で詰まないし。。。
※実際には詰むのだが、直後の54竜が見えてなかった

不利合駒に香じゃつまらないから、きっと飛合で更に持駒変換とかあるのだろう。
などと思いながら、変化の54竜が見えないがために
全く筋に入らない。
そして他の手もいろいろ試してみるが、手が続かないものが多く、
本筋っぽいものが見えてこない。

残り5分を切った。
何か書いておこうと決める。
どれが一番可能性があるか見当もつかない。

何か読んでいない順で正着があるのかも!?
初手が違ってたら部分手もないし、当てに行くか?
など考えて、結局全く読んでいない初手を書いて、
10手くらい書いて時間切れ。


当然ながら読んでない手が当たるわけもなく0点だった。


こうして前半があっという間に終了。

最近詰将棋解いていないわりには、4問もできたから上出来か。。。


体調も何とか落ち着いてきたし、後半に期待してランチに向かった…


(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック